恋愛も結婚も、タネを蒔いて育てるもの。

こんにちは。弘中明子です。

継続セッションを受けられていた生徒さんから、
”彼ができました!”
とご報告が。

それ自体はとてもとても嬉しいこと。
そして、大切なことはこの関係を育てていくこと!

多くの人は、彼ができる。結婚する。
ことをゴールにしています。

結婚が決まった!おつきあいが決まった!
ハッピー!!!

でも、よーく考えて見たら
その人と過ごすそのあとの時間の方がずっと長い。
当たり前ですが、ついついそれを忘れがち。

おつきあいが始まる、
結婚が決まることは、
実は
植物のたねや苗を植えるのと同じ。

丁寧に来る日も来る日も
お世話をしなければ、
青々とした緑が茂ったり、
花が綺麗に咲いたりしないということは
わかりますよね。

あんなに好きって言ってくれたのに!
私のことがもう大事じゃないの?

というセリフが出るときは、
もしかしたら、
タネを植えたことに安心してしまって
水をやっていなかったり、肥料をあげていなかったり
お日様に当てていなかったりしたのかも。

また逆に、水をやりすぎたり、
肥料をあげすぎたり、日の当たるところに出しすぎたり
しているのかもしれません。

植物を育てるために必要なものが
適切な水・肥料・日光であるように、

大切な人との関係を上手に育てていくためにも、
適切な水・肥料・日光が必要です。

相手の状態、自分の状態、
環境などなどを見ながら、
どれくらいの水がいる?肥料がいる?
それとも今は水をやらずにそっとしておく?
を見極めることが大事。

そして、
人の関係性においての、水・肥料・日光のベースになるものは
相手とのコミュニケーション。

使う言葉・雰囲気・タイミング。

水をくれない!水をあげてない!
全然お世話していない!

そんなことばかりを伝えてしまっていませんか?
それは本当に伝えたいことでしょうか?
ちょっとした言葉の使い方、意識を変えただけでも
関係性はガラッと変わってくるものですよ♪

今日も自分に優しく参りましょう♪

では!

お問い合わせ・講座の日程希望などはこちらから。
↓↓↓

The following two tabs change content below.

ひろなかあきこ

▪️心理カウンセラー ▪️LSYライフスキルトレーナー
カウンセラー歴15年 自治体からの講座依頼多数
無敵の笑顔で生きていこう♪をテーマに
がんばりやさんが毎日をよりよく賢くご機嫌に生きるココロのトリセツ書いてます。

メルマガはこちらからご登録ください

カテゴリー

アーカイブ