人から軽く扱われたり、嫌なことをされてしまう訳

人から軽く扱われたり、
嫌なことをされてしまう理由。

例えば、二股かけられてしまったり、
付き合っているのに友人に紹介されなかったり
職場での扱いが雑だったり、仕事を押し付けられたり・・・
なんていうことも含まれますね。
(あぁ・・過去の私)

さらにいうと、言われたことを
一生懸命やっているのに、
なぜだかありがとうとも言ってもらえない。

そんな感じの時。

去年のドラマ、
凪のお暇のナギみたいなタイプですが、

こういう人がなぜ軽く扱われてしまうか?というと
一言で言うと、
”自己肯定感が低い”から。

自分の自己肯定感が高いか低いか?なんて
考えたことがない人もいると思います。

でも、自己肯定感が高い人と低い人の
毎日生きている体感の違いは本当に大きくて、

A:高い人は
舗装された道路を道路標識に従って、
行きたいところにどうすればいけるのか?
が明確な状態で、毎日を過ごしている

B:低い人は
濁流に飲まれて、なんとか生きていこうと
流れてきた流木を必死で掴もうとしている

くらい違います。

だから、Aの人は休む余裕も楽しむ余裕も
断る余裕も急ぐ余裕も自分で選ぶことができるんですね。

自分の気持ちに正直に向き合った時に
自分がどちらを毎日感じているか?
を少し見つめてみてください。

そして、Bの人が不遇な目に遭いやすい訳ですが、
その理由は、流れてくる流木をつかむのに必死すぎて
それが、どんなものなのか?を丁寧に考える余裕がないからです。

それを掴まないと死んでしまう!という感覚で
(事実ではないですよ・感覚的なことです)
差し出された物事をつかむ。

だから、自分に安心感を与えてくれるものがあれば
それが何か?という実態をしっかり考えることなく掴んでしまう。

仕事を依頼される=私を信頼してくれる=私が役に立つこと

と深く考えることなく引き受けてしまったり、

優しい言葉をかけてくれる=私のことが好き=この人と付き合って大丈夫

とその人の実態をしっかり考えず付き合ってしまったり、
なんていうことが起こります。

その結果、できる以上の仕事を引き受けていっぱいいっぱいになったり、
実は好きだと言っていた相手に彼女がいることがわかったり、
ぞんざいに扱われても、別れられなかったり・・・なんていうことが
おこってくる。

また、Aの人から見ると、Bの人は
何もない道路で溺れているフリをしている人に見えるので、
行動が理解できなかったり、突然掴まれたり、
助けてくれない!!!と怒りをぶつけられたりするので、
正直面倒くさいのですね。

だから、距離を置かれてしまう。

なんだか人生が生きづらい、モヤモヤしている
人との付き合いが苦手、
そんな人は、

もしかしたら私、自己肯定感が低いのかも???
と自分を見つめてみてくださいね。

では!

The following two tabs change content below.

ひろなかあきこ

▪️心理カウンセラー ▪️LSYライフスキルトレーナー
カウンセラー歴15年 自治体からの講座依頼多数
無敵の笑顔で生きていこう♪をテーマに
がんばりやさんが毎日をよりよく賢くご機嫌に生きるココロのトリセツ書いてます。

メルマガはこちらからご登録ください

カテゴリー

アーカイブ