コミュニケーションに親子関係の見直しが必要なわけ

毎日をもっとご機嫌に、大切な人と笑って過ごそう♪
弘中明子です。
今日もご訪問ありがとうございます💗

ライフスキルを学ぶ前にブログでこんなことを書いていました。

ここに書いていることは、ライフスキルを学んだ今
さらに深く実感していることです。

学びの中で親との関係を見つめ直しますが、

それは

・相手に愛されていたか?
・仲良く過ごせるようになったか?

を知ることとは全く違います。

親との関係を見直すのは、

大人になった今でも
私たちは親が自分の命を脅かす存在だと
心のどこかで思ったままだから。

そうなると

自分より大きな存在に
何か許可を得ないと、自分が危ういと
無意識に感じてしまうからです。

そこを見直さない限り
親との間では有効だった方法を手放せません。

特に、

親のいうことを、反発せずに受け入れることを良しとする

コミュニケーションを幼い頃から続けてきた場合

大人になっても、
無意識で周りの人のいうことを
無意識で聞いて受け入れてしまう。

ということが起こります。

生きるためにそれが必要だと思っているから
考えることなく、本当に自然に当たり前にそうなってしまう。

これが気が付いたら人生がしくじる原因の一つ。

特に上司・先輩など自分より立場が上の人
となると自動的にそう反応するようになるので、

仕事が断れない、自分を追い込む、
相手に頼れない、問題点を指摘できない

などさまざまな問題が起こってきます。

何かの先生に時間と労力を貢いでしまうのも
このパターンの可能性が高いです。

もしも、その人が相手に
問題を指摘する場となったなら
心の中に大きな恐怖が芽生えるために
それがストレスになることもあります。

ただ伝えるだけでいいのに、心の負担は
それこそ清水の舞台から飛び降りるほどの恐怖に
苛まれることになる。

個人個人で、
親との間に作られてきたコミュニケーション、関係性は違うので
一つ一つ見直していくことが大事になります。

本来人は自由なものなので
相手の言動に縛られることはないものなんです。

コミュニケーションにどこか不自由さを
感じることがあるのなら、
それは心の中をしっかり見直す必要があるということかもしれませんね。

では!

宝石赤【週一メールレター】宝石赤

よりよく賢くご機嫌に生きる心の仕組み・気持ちの扱い方・日々のコツをお送りしています。登録してくださいね!

The following two tabs change content below.

ひろなかあきこ

▪️心理カウンセラー ▪️LSYライフスキルトレーナー
カウンセラー歴15年 自治体からの講座依頼多数
無敵の笑顔で生きていこう♪をテーマに
がんばりやさんが毎日をよりよく賢くご機嫌に生きるココロのトリセツ書いてます。

メルマガはこちらからご登録ください

カテゴリー

アーカイブ