私がうまくいかないのは、親が原因っていうけどほんとなの?

おはようございます。弘中明子です。

今日もお読みくださりありがとうございます。

心理学を学ぶと、多くの場合

”それは親との関係に原因があったんですね”
”生育歴が原因しています”

と言われます。

実際、ご相談をもらう中にも
・親との関係は修復されましたが

とか

・親とはまぁまぁ仲がいいです

とか書いてこられる方も多いので、
ここを意識している人も多いのだろうなと思います。

それは確かに間違いではないですし、
目安にはなりますが

本当に本当に大事なことは

”あなたが今、幸せだなぁ〜と感じて生きているか?”

ということのみです。

もしも親と仲が良くても
そう感じる時間が少ない、ない、
と感じているのであれば、

親との関係はなんの意味もありません。
親と仲がいいから大丈夫。

じゃないわけです。
仲の良さにもいろいろありますし。

大事なことは、あなたの心が今何を感じているのか?

だけ。

結局のところ、
親との関係が何に影響しているか?
というと、

人との関わり方や社会との関わり方

であり、

それに必要な、手段の選び方に色濃く反映される。

ということなんですね。

 

だから、親との仲を改善させればOK。
ではなくて、

親との関係の中で選んできた
コミュニケーションの手段が、
自動的に発動されるのをやめて、
今の人間関係の中で
自分の意図的に、
コミュニケーションを選ぶことができるようになる。

 

これが

心理学を学び、コミュニケーションを学ぶ本当のゴール。
心の中に、人と関わることへの安心や安全を育てることが大事。

そしてこれは、
親との関係をどうこうしなくても
育むことができます。

そうじゃないと、
すでに親が死んでしまっていたり
絶縁してしまっている人は、改善の余地なし。
ってことになりますもんね。

それは関係がありません。

親との関係の中で培われたコミュニケーション
=自分が生き残るための戦術

を、今の人間関係、本当に欲しい人間関係を育むために
あったものに変えていく。

これがココロのことを学ぶ一番の目的です。

色々な心理学や流派がありますが、
それを学んで、コミュニケーションや
人間関係が良い方に変化が見られたか?

もしもそうなっていないとしたら、
学びの方向性が少し違っているのかもしれませんね。

親との関係性を良くすれば
すべて上手くいくわけではないです。
大事なことはコミュニケーションを変化させることです。

では!

お問い合わせ・講座の日程希望などはこちらから。
↓↓↓

The following two tabs change content below.

ひろなかあきこ

▪️心理カウンセラー ▪️LSYライフスキルトレーナー
カウンセラー歴15年 自治体からの講座依頼多数
無敵の笑顔で生きていこう♪をテーマに
がんばりやさんが毎日をよりよく賢くご機嫌に生きるココロのトリセツ書いてます。

メルマガはこちらからご登録ください

カテゴリー

アーカイブ