人の応援なんかできない私って、サイテーだ。

毎日をもっとご機嫌に、大切な人と笑って過ごそう♪ 今日もご訪問ありがとうございます。

人の応援してますか?
応援したい人がいますか?

私自身、人の応援をするのは好きです。
だから、この仕事を選んでいる。というのもありますね。

でも一時期本当に、本当に、
人の応援をすることができなくなりました。

うまくいっているように見える人たちを見ると
ものすごく苦しくなって、

”なんで私はこんなに苦しいんだろう・・・”

とずっと停滞している自分の状況も嫌だったし、
うまくいっている人を応援できない
心の狭い自分のことも嫌でした。

とにかく、人と会うのが嫌になり、
誰にも会いたくないし、
ましてや相手がうまくいくように
お手伝いするなんて、絶対にできない。

そんな状態で、
とにかく苦しかった。
どうしていいかわからないとも感じていました。

でも、いまになって気がついたのは
そんな状態にだったあの頃の私は

実は
心の中にできている大きな大きな傷を、
テープを貼り付けて隠して、
その上から何事もなかったように
肌色で塗っている。
そして、そんな傷を抱えたまま
普通に生活しようとしている。
なんなら、登山までしようとしている。

そんな状態だった。ということ。

骨折してるのに、
平気な顔して登山をして、
人のサポートできない・・・とか
普通ですよね。

なんで落ち込む?
なんで悩むの?
おかしいよね。

って言えるくらい普通のこと。

でも、当時の私は
そう思ってしまう自分に
問題があると疑いませんでした。

いまとなったら、

ひとまずゆっくり時間を使って
ゆったり時間をとって
のんびりして、美味しいご飯食べて
寝たい時は寝て、ゆるゆる過ごしていいよ。

といってあげるのですが、
実はそういう心の状態の時って
心が痛いから、じっとしていることも
難しいんです。

じっとしてると心の痛みを思い出すから、
じっとしていることもできない、
じっとしていられなくて、登山したりするから
心だけじゃなく、体もボロボロになっていく。

心の傷があることを認めることが
怖かった。

もしかしたらそんな状態だったのかもしれないなと思います。

この体験を通して私が言えるのは、
人がどんな状態であっても、
これができない、あれができない、
そう感じたとしても、
それにはそうなるだけの理由が必ずある。
ということ。

だから、そんな自分を責めたり
嫌になったり、辛い目に合わせたりする必要は
何もないんですよ。
ということ。

心のことは目に見えないだけに、
自分のことを勘違いしやすいものですが、
自分の体と心に違和感がある時は
必ずゆっくり休んで、何もしない時間をとってくださいね。

何もしない時間をとった時に
焦ったり、何かしなきゃと思ったり
このままじゃいけないんじゃないかと不安を感じたら、
それこそが、心に大きな傷を抱えている証拠ですのでね。

一旦自分に優しくする時間をとりましょう。
その方が早く、楽でご機嫌なあなたに戻ることができますよ。
今日も自分に優しく参りましょう♪

では!

宝石赤【週一メールレター】宝石赤

よりよく賢くご機嫌に生きる心の仕組み・気持ちの扱い方・日々のコツをお送りしています。登録してくださいね!

お問い合わせ・講座の日程希望などはこちらから。
↓↓↓

The following two tabs change content below.

ひろなかあきこ

▪️心理カウンセラー ▪️LSYライフスキルトレーナー
カウンセラー歴15年 自治体からの講座依頼多数
無敵の笑顔で生きていこう♪をテーマに
がんばりやさんが毎日をよりよく賢くご機嫌に生きるココロのトリセツ書いてます。

メルマガはこちらからご登録ください

カテゴリー

アーカイブ