なんで私ばっかり大変なの??と思ったら。

毎日をもっとご機嫌に、大切な人と笑って過ごそう♪
弘中明子です。
今日もご訪問ありがとうございます💗

昨日、メルマガで自分を追い込んでしまう
幸せになれない思い込みを持っていたという話を書いたのですが

興味のある方は、こちらのメルマガに登録してバックナンバーを
読んでくださいね!
↓↓↓

https://resast.jp/subscribe/56509

人は、多くの思い込みやトラウマを持っています。
その数30歳ごろには1万を超えるとも言われていて、
こういった思い込みを持っていること自体は普通に当たり前のことです。

じゃあこういった思い込みの何がいけないの?

というと、

その思い込みのために、
自動的に脳が危険ではないことに対して
間違えて危険を察知して
過緊張になり、ホルモンが分泌され正常な判断がしづらくなる。

という状態が起こるから。

そういう状態になると、


冷静に考えたら、
そんなわけないジャーン。

ということも、真剣に信じ込んでしまって
その思い込みに沿った行動を起こしてしまうからです。

例えば、

旦那さんがあまり家事や育児を手伝わない、
もう、ほんと役に立たないんだから!!!!

と怒っている人がいたとして、

こういう人は、

人の役に立つ自分でいなければだめだ。

という思い込みが強く、

また、役に立てなければ自分には価値がない。

くらいに思い込んでいることも多いので、

そうなると、
旦那さんが手伝ってくれたり、まめな人になってしまうと

私の存在価値がなくなる!それは怖い!
手伝われたら困る!!!

と無意識で考えてしまいます。
(本人は無自覚です)

だから、

旦那さんが気を利かせて手伝ってくれる日があったとしても

すごく嫌な感覚があるので、その感覚の理由を探し、

あそこが気に入らない、ここが気に入らないと
ダメ出しをし続けてしまったりします。

こういう状態だと、どれだけ相手が
手伝ってくれようと、優しくしてくれようと

相手がダメで、自分が役に立っているシーンを
どんどん作り出してしまうので、
最終別れてしまうか、うまくいったとしても自分が辛くなるケースが多いんです。

とはいえ、
役に立たなくても私は愛されている。

なんていうアファメーションをしたとしても
なかなかこういった思い込みって外れないことも多いです。

だからこそ、
まずは自分の脳が間違った情報に
危険を察知して反応しているのかも?と疑ってみることです。

そして、不快感の本当の正体を見極め、
反応しにくい脳を育てていくことが大事。

五感をしっかり刺激していくことで
実はその危険に対する反応を和らげることができます。

いい香りを嗅ぐ
風のそよいでいる心地よさを感じる
好きな音楽を聴く
温かいお風呂に入る
綺麗な景色を見る

こういった習慣を持つことが、
結果自分をリラックスさせ
冷静に目の前のことを判断する力を上げてくれます。

どうも焦ってしまう、毎日なんとなく面白くない
うまくいかないことが続いている。

そんな時は、ぜひ5感を刺激する習慣を
取り入れてみてくださいね!

では!

宝石赤【週一メールレター】宝石赤

よりよく賢くご機嫌に生きる心の仕組み・気持ちの扱い方・日々のコツをお送りしています。登録してくださいね!

The following two tabs change content below.

ひろなかあきこ

▪️心理カウンセラー ▪️LSYライフスキルトレーナー
カウンセラー歴15年 自治体からの講座依頼多数
無敵の笑顔で生きていこう♪をテーマに
がんばりやさんが毎日をよりよく賢くご機嫌に生きるココロのトリセツ書いてます。

メルマガはこちらからご登録ください

カテゴリー

アーカイブ