私がLSYを受けた訳 その1 〜心のことを学んでも悩みが消えない〜

毎日をもっとご機嫌に、大切な人と笑って過ごそう♪
弘中明子です。
今日もご訪問ありがとうございます💗

1年と少し前、私がLSYを受けた理由
その後の変化について、しばらく綴っていきたいと思います。

今日はLSYを受けるきっかけになった出来事をお話ししますね。

私自身、もともと15年ほど前に心理学を学び、
それまで悩みの塊だった職場の人間関係、仕事内容、恋愛、結婚と
当時抱えていた全ての問題が一度まるっと解決したんです。

心理学ってすごい!!!!!!

そう思って、周りの人に伝えて行ったところ
その人たちもみんな変化して、それが面白く喜びになり
カウンセラーとして起業。

最初は恋愛中心でお悩みを聴いていましたが
次第に個人セッションだけでなく
恋愛や結婚についてのセミナーを開催したり
離乳食講座や話の聴き方講座などなど招致してもらったり、
活動の場も広げていきました。

NPO法人で養成講座の講師をしていたこともあります。

活動そのものは楽しく、やりがいもあり
だからこそ長く続けてこれたのですが・・・。

ある時ふと
自分がいつもものすごく疲れていることに気がつきました。

昔からそういう傾向があったけれど
だんだんひどくなっている。そういう感覚でした。

もっと活動の幅を広げたいと
コンサルを受けたり、講座で学んでも
気がつくと、もう動けない・・と感じるほどに疲弊してしまう。

だんだん毎日も楽しくなくなってきました。
いつも心にグレーの雲がかかっている、体もいつもひどく疲れている。
周りへの怒りや批判が止まらない。やめたいのにやめられない。

家族との関係もなんだかギクシャクしている。
仲が悪いというほどではないけれど楽しくはない。

当時そのことが、

自分を後回しにして
自分以外の人のことを
一生懸命やってしまいすぎる癖のせいだ。

ということにはかなりはっきり気がついていたのですが

・いつそうなってしまうのか?
・そうならないためにはどうしたらいいのか?
・そうじゃない人はどうしているのか?

いくら考えても答えが出ませんでした。

例えていうなら、

・車を走らせていたらいつも故障する。
・故障するのはあの道をあのスピードで走るから。
・私の運転技術ではあの道をあんなふうに走ってはいけない。ということはわかるのに、・気がつくとまたいつの間にか車が故障している。
・振り返ったらまたあの道をあのスピードで走っている。

という状態だったんですね。

何度車を運転してもそうなる。

何度今度こそは!と新しいことにチャレンジしても
また同じ道を辿っている。ゴールはいつも同じ。

そのことに気づいた時、もうこの先本当に
これ以上どう頑張ったらいいのかわからなくなりました。

なんでもトライしてある程度やっていけば成果は出る。
でもいつもその成果が自分の望むものではない。

もうあの絶望感を味わうのは2度と嫌だ。

だったらもう何もしないでこのまま引きこもっているしかないの?
心のことをこんなに学んできたのに、なんでこんなことになっちゃったんだろう?

理屈ではここから抜け出す術がわかるのに、
実際現実では抜け出すことができない。

このジレンマってなんだろう?

自分の変化のなさに、人に心理学を教える自信も無くなっていきました。
ここまでやってきたことは一体なんだったんだろう?

15年もずーっと色々学んできたのに、なんの意味もなかったの?
私の人生ってほんとなんだったんだろう?

そう思っていたとき、
駒村利永子さんの人生パターン診断に出会ったんです。


人生にしくじりパターンがある!?
しかもそれは9歳までに作られている?
それが明確にわかる?
一体どういうことなんだろう?

もうこれ以上打つ手もないし、一度診断してもらってみよう。
どちらにしてももう何もできることもないし・・・

そう思ってセッションに申し込みました。
その結果に私を更なる衝撃を受けることになるんです。

続きはこちら。

メルマガでもメッセージ配信しています。受け取りたい方はご登録を♪
↓↓↓

宝石赤【週一メールレター】宝石赤

よりよく賢くご機嫌に生きる心の仕組み・気持ちの扱い方・日々のコツをお送りしています。登録してくださいね!

The following two tabs change content below.

ひろなかあきこ

▪️心理カウンセラー ▪️LSYライフスキルトレーナー
カウンセラー歴15年 自治体からの講座依頼多数
無敵の笑顔で生きていこう♪をテーマに
がんばりやさんが毎日をよりよく賢くご機嫌に生きるココロのトリセツ書いてます。

メルマガはこちらからご登録ください

カテゴリー

アーカイブ