片付けたのにリバウンド!?片付けができない本当の理由。

毎日をもっとご機嫌に、大切な人と笑って過ごそう♪
弘中明子です。
今日もご訪問ありがとうございます。

片付け、好きですか?得意ですか?

私自身は全く片付けができないまま大人になり、
一人暮らしをして、ようやく片付ける
という意味がわかった。そんなタイプです。

だから、美しく片付いている家をみると
未だに心がざわざわして、あんな風になりたい・・でも・・・
となります。

そして、
家が片付けられるかどうか?
は実は心の状態とリンクしていると言われてますよね。

心がスッキリしていると、家が片付いている。
だから心をスッキリさせよう。

という話なんですが、
実はこれ、そんな単純な話だけではないんです。

人によっては
家の中に物があったり、
物を探すのに時間がかかったり、
物がたくさんある方が安心する。
だから片付けられない。
そんな場合もあるんです。

え!そんな、手間がかかるとか
汚い家の方が落ち着くとかそんなのってあるの?
と思うかもしれませんが、人は何より
安心を求める生き物。

物に囲まれている安心感を感じている。
というだけではなくて、
そうやって自分以外のものから刺激をもらうことによって
自分の見たくない自分の気持ち・感情・考えを
見ないようにできる。

自分の気持ちを麻痺させている
=危険から自分を回避させている
そんな1面があるということ。

そういう人にとって、片付けるということは
実は死ぬほど怖い・
死ぬほど辛いことを思い出すこと
とリンクしていることがあります。

この場合、
片付け方を知っていたり、お片づけの人を呼んだりして
一旦綺麗に片付いたとしても、また散らかしてしまいます。

そんな私って本当にダメだなーと思ってしまうかもしれませんが
そうではなく、頭の中では
家を片付ける=死にそうな気持ちを感じる
とリンクしているから、そうなっても当たり前なんですよね。

実際私も、片付けられない女から一念発起して
ときめきの片付けに従って物を捨てまくったことがあります。

そして、収納も綺麗に整えて
一時期は綺麗になりました。

片付け方も知ったし、もう大丈夫!!!
と思っていたのですが、
やっぱり
母が亡くなってから、しばらくは
全く片付けられませんでしたし、
未だに片付けられるようになっても、
どこか、いつも散らかっている状態に戻したくなる。

そんな自分を責めていた時期もありましたし、
できない自分ってダメだなぁ〜と
思う時期もありましたが、

この考え方を知って、
自分の心の中にある傷の深さと辛さを思いやった時、

”まぁ、それだったら
片付けたくないって思っちゃうのも仕方ないよね。
その気持ちは本当に感じたくなかった気持ちだもんね”

と自分の片付けられなさを
責めることはなくなりました。

最近、心の中を色々を整理したために
この辛い気持ちとしっかり向き合うタイミングが来たようで
痛い!辛い!ワーーーーーーーと言いながら、
最後の砦とじわじわ向き合っています。

片付け切った部屋にある、
長年開けたくなかったパンドラの箱。
そんな感じでしょうか。

ここがすっかり綺麗になったら、
家も綺麗に片付くかしら?
そんな期待を持ちつつ、
それを持ちながら生きている自分もまぁ悪くないな。

そんな風に思っているところです。

もしも片付けられない自分を責めたり、
何をやっても元どおりになってしまう自分を見つけたら、
責めるのではなく、
何か自分にはそんなに辛いこと・悲しいことがあるのかも?
と自分の過去の出来事、気持ちにちょっと優しい目を向けてみてくださいね。

そして、そのことについて話したくなったら
セッションにてお話しお聴きしますよ。

今日も自分に優しく参りましょう♪

では!

宝石赤【週一メールレター】宝石赤

よりよく賢くご機嫌に生きる心の仕組み・気持ちの扱い方・日々のコツをお送りしています。登録してくださいね!

お問い合わせ・講座の日程希望などはこちらから。
↓↓↓

The following two tabs change content below.

ひろなかあきこ

▪️心理カウンセラー ▪️LSYライフスキルトレーナー
カウンセラー歴15年 自治体からの講座依頼多数
無敵の笑顔で生きていこう♪をテーマに
がんばりやさんが毎日をよりよく賢くご機嫌に生きるココロのトリセツ書いてます。

メルマガはこちらからご登録ください

カテゴリー

アーカイブ