LSY3期受講後の変化 〜5回目講義 今ここ・私を生きるということ〜

毎日をもっとご機嫌に、大切な人と笑って過ごそう♪
弘中明子です。
今日もご訪問ありがとうございます💗

2021年2月〜5月に受講したLSY3期の感想と変化を綴っています
前回の記事はこちら

10年前の出来事により、自尊心がコッパ微塵になったことも
ありましたが、実はもう一つ私が生きづらい人生から
抜け出せなかった理由があると感じています。

15年前に心理学を学んだ時、親子関係を見直し、
自尊心も少しずつ回復し、
確かに誰かの期待ではなく自分らしい、自分のやりたいことに向かって
人生を歩むための1歩目を踏み出しました。

それは本当に画期的で私の人生を大きく変えるものでした。

あの時あのまま何事もなければきっと
私はありのままの自分として自分の望みを叶える人生を
生きていけたのかもしれません。

でも、その後弟が亡くなってしまったことで
また親の期待に応える人生に逆戻りしてしまったのだろうなと思うのです。

消沈している母を慰める、期待に応える人生へ

次にその母が亡くなってしまった時、
期待に応え続けた人がいなくなってしまったことも、
私の生きる意味が見えなくなった原因の一つ。

誰かの期待の応える選択をすることが
人生の最善と思い生きてきていたので、
その相手がいなくなったことは人生の根幹を揺るがすものになり、
”母の代わりを探す。”
という生き方にシフトしてしまったんだなぁとも思います。

他人の期待にどれほど答えても、
母のように生活の中に安心と安全をくれるわけではなかったのに、
そこもわからなくなるくらいにぐらぐらしていたんですよね。

ともあれ、LSYに出会って
誰かの期待に応える生き方ではなく
自分が自分を大切に幸せにするための生き方、
そのための技術を習得できたことで、

もう同じ道は辿らない。

今は心からそう思えていること、その安心感はとても大きいものです。

そして5回目講義では、マインドフルネスを中心に
自分が目の前のことを選択するときに
意識していくこと、望む人生にシフトしていくときに必要なことを
学び実践していきます。

当時の私は、
もう生き方をシフトするんだ。
ということは意識できていましたが、

一度コッパ微塵になった自尊心
気づいたからすぐに修復される。というものではなく
まだまだ苦しいと感じていましたし、
今までの人生が無駄だったという悲しみを感じることも多かったです。

そういう時は友人に話を聞いてもらったりしながら
少しずつ前に進んで行きました。

さらに
5回目講義の終わりには30日チャレンジがあり、
望む人生にシフトするためにする行動を選び日々トライする。
という課題があります。

課題を立て、日々トライしていましたが
今よりも感情の浮き沈みはずっと大きく、
なんとか日々一つずつやれることをやっているという感覚でした。

正直できない日も多かったです。

それでも長年悩まされていた
希死念慮のようなものや、どうせ私なんて・・・というような気持ち
どうしようもない感覚はほとんどなくなっていて

引きこもりの状態から
少しずつ息子たちの卒業・入学の準備を楽しみながらする余裕も生まれ
息子の友人のお泊まり会を開催したり、
家を片付けたり、ゆとりを持った生活ができるようになっていきました。

さらにゆとりを持ったまま過ごしているのに
お仕事の依頼もいただけるということもありました。

ここ数年、そんなゆとりを持って日々を過ごせたことがなかったので
当時は本当に画期的な出来事だったんです。

自尊心が壊れてしまうと、
自分のことが信じられなくなってしまうので、
自分で物事を決断することがしづらく、
何をするにも終わりがなく、いつも追われているような感覚に陥ってしまいます。

5回目で学んだマインドフルネスを実践していくことで
それによって本当にいつも疲弊していた自分が
本当にゆとりを持って
楽しみながら日々を過ごすことができるようになっていきました

 

第6回講義感想に続きます

宝石赤【週一メールレター】宝石赤

よりよく賢くご機嫌に生きる心の仕組み・気持ちの扱い方・日々のコツをお送りしています。登録してくださいね!

The following two tabs change content below.

ひろなかあきこ

▪️心理カウンセラー ▪️LSYライフスキルトレーナー
カウンセラー歴15年 自治体からの講座依頼多数
無敵の笑顔で生きていこう♪をテーマに
がんばりやさんが毎日をよりよく賢くご機嫌に生きるココロのトリセツ書いてます。

メルマガはこちらからご登録ください

カテゴリー

アーカイブ