LSY3期 受講後の変化 〜 セッションにより私が生きづらくなった根本の理由が見えた〜

毎日をもっとご機嫌に、大切な人と笑って過ごそう♪
弘中明子です。
今日もご訪問ありがとうございます💗

LSY3期受講感想 4回目講義

4回目の講義を受けた後、
自分がなぜ今までのように生きてきたのか?
その理由が本当に明らかになりました。

実はLSYでは、講義の最中にも
個別セッションがあり、そこで利永子さんとマンツーマンで話しながら
自分の本当の望みと今までの講義の間に起こったことについて
深めていく時間があります。

そこで、伝えられた言葉から
やっと自分の今までの生きづらさの根本の理由と
本当にずっとボロ雑巾のように自分を扱ってきた原因が明らかになりました。

それは、
私にとってずっと心に引っかかっていたことではありましたが
もうどうしようもないことで、なんとか

心の隅っこで
抱えながらも生きていくしかないな

と思っていたこと。

LSY受講をした頃には、すでに10年以上の年月が経ち
日常では大きな影響はないと思っていたこと。

でも、
そのことによる自分の心への衝撃が本当に大きく
自分の心を深く傷つけ、私自身を破壊衝動に走らせていたことが
わかったのはこの個別セッションがきっかけでした。

その10年以上前に起こった出来事。
それは私の家族の自死でした。

実は私は
家族4人のうち2人を自死で亡くしています。
15年前に弟を、10年前に母を。

もちろん当時、
とても言葉では言い表せないくらい辛い出来事ではありましたが
父や家族と支え合ってなんとか乗り越えてきました。

弟の時は結婚前、母の時は次男が生まれてすぐだったので
その後目の前のことに一生懸命取り組むことで
もう傷は癒えていると思っていました。

というより、もうこれ以上どうしようもないと思っていた。
だから毎日をただ生きていこうと思っていた。

と言った方が良いかもしれません。

でも、時折浮かんでくる

生きていることって意味があるのかな?
私の存在になんて価値があるのかな?

虚しい気持ち

どれほど話しても誰にも伝わらないと感じる
乾いたような感覚。

この2つはどれほど心のことを学んでも
親に愛されていたと思っても、
セッションを受けても、
傾聴で聞いてもらったとしても、
どこで誰と関わったとしても

どうしても消えていかず、

おそらくこの2つを感じなくするために
長い間感覚麻痺を起こしていたのだなぁと今になって思います。

だから、LSYの個別セッションで話を聞いた時

私は本当に2人の死によって深く深く傷つき、
私の心も存在自体も強く否定しながら生きてこざるを得なかったんだな。

私の自尊心なるものは、その時点で
本当にコッパ微塵に砕かれてしまっていたんだな。

自尊心が失われている時、
人は自分を大切に扱うことができなくなり、
自分のために何か自分で行動を起こすことができなくなる。

そこを集中してケアすることなく

自尊心が打ち砕かれたまま
ただただ毎日を必死で進んできたからこそ
人生が生きづらく、苦しくなってしまった

ということが心底理解できたんです。

だからこれからはもう、
自分が自分を大切に生きていく。
と決めて前に進むしかないんだ。

その方法は、すでにLSYの中で学んできたこと。
一つ一つをやっていくしかない。そう思いました。

そして、

自分の大切な人を助けることができなかったこと。
その残念さ、無念さ、辛さ、もどかしさ。
そして、不意に目の前からいなくなってしまった人と、
もっともっと一緒にいる時間を大切に過ごしてきたかったという思い。

この2つは今の私の活動の根底にあるものです。

だからこそ、毎日をもっとご機嫌に大切な人と笑って生きられる世界を、
そんな日々をまずは私自身が送ること。
そして更には多くの人に送ってもらいたい。

そのための秘訣をお届けしよう。
そうおもうようになりました。

そしてもう一つ。

私は私のこの体験から、
心の傷はきちんと原因を特定してケアをしっかりしないかぎり

その傷の痛みだけでなく、
その傷があるために派生した更なる傷に長年どんどん蝕まれることがある

ということを身をもって知ったことで

しっかり自分で原因を見極め、ケアすることができ、
自分で人生を創っていけるようになる

LSY、ライフスキルトレーニング

を多くの人にお伝えする。と心に決めました。

長年続けてきた傾聴や心理分析では、
心の痛みについて一時的に痛み止めを飲むような効果は期待できます。
痛み止めを飲みながら、新しい道を模索していくことで
少しずつ根本の痛みが小さくなることもあります。

でもやはりここは聴き手の力量や聴き手の生きてきた道
個人的な感情、感覚によるものが
話し手の未来を大きく左右するな。というのが私の感覚です。

だからこそ、面白いということでもありますが、
自分の生き方を根底から見直したい時には
セラピスト、カウンセラー、コンサルの主観が入らないことが
本当に大事だなとLSYでライフスキルを学んだ今思っています。

LSYはデータに基づいて心を明らかにしていきますから
そこに講師の主観は入りません。

心の中にある事実を事実として明らかにしていくこと。
それも受講生の手で気づき、明らかにし進んでいくこと。
これができるからこそ、変化が早く戻りづらい。ということが
たった90日で実現できるものです。

1年半経った今、心が健康な人って
こういう状態なんだなということを初めて経験しているところです。
元気になって初めて、元気ってこういうことなんだなってわかる。
そういうことなのかもしれませんね。

次回5回目講義感想に続きます!

宝石赤【週一メールレター】宝石赤

よりよく賢くご機嫌に生きる心の仕組み・気持ちの扱い方・日々のコツをお送りしています。登録してくださいね!

The following two tabs change content below.

ひろなかあきこ

▪️心理カウンセラー ▪️LSYライフスキルトレーナー
カウンセラー歴15年 自治体からの講座依頼多数
無敵の笑顔で生きていこう♪をテーマに
がんばりやさんが毎日をよりよく賢くご機嫌に生きるココロのトリセツ書いてます。

メルマガはこちらからご登録ください

カテゴリー

アーカイブ