だって私が正しい!って相手に言いたい時は。

こんにちは。ひろなかあきこです。

ここ数ヶ月、なんとなくずっと心に引っかかっていたことがあって。

うっすらしたひっかかりやったので、
気にならないといえば気にならない。

でも、やっぱり自分の中からは消えないなぁ〜
っていう感じのもの。

でも、今朝ふと

それを握りしめてることが

”あぁ、私自分が正しいって言いたいんやな。”

って気がつきました。

そのことって、人間関係のトラブルだったんですけどね、
そして、もうその人とは離れてるので
接することもなければ、もう何も関係することもないはずなのに、

それでもずーっと気にしてる。

っていうのは、

自分で自分を嫌な気持ちにしている。

ってことなんだけど、

でもそれも自分で選んでるわけなんですよね。(どんだけマゾ。)

自分で選ぶってことは、

それを感じる、握りしめる、持っておくことが

必要だって思ってるってことなので、

なんでそれが必要なの?

って問いかけてみたら、

”だって私が正しかったはずなのに!ムカつく!”

っていう答えが。

でも、正直なところ
人間関係のトラブルに正しさを持ち込んだら
解決するどころか泥沼。

野球の試合のルールに
サッカーを持ち込んで、
どっちが正しいか!を主張する。

ということになるので、
結局のところ答えなんて出ないし、
相手に私正しいでしょ!!!ってぶつけたら
間違いなく、そうね。なんて言ってもらえない。

(だからこそのトラブルだったわけなので)

だから、それだけ辛くて悔しかったんだね。

っていうところは自分に確認をして、

”じゃあどうしたい?”

をみていく。

自分の中の本当の望みは、

”相手に正しさを主張すること=認められたい”

ではなくて、

”自分の能力を確認したい=自分を認めたい”

っていうことなので、

そちらに向かって今すぐできること。

をやっていくのみだなぁ〜と。

誰かに対して正しさを主張したい気持ちを
抱えたまま、前に進むと、
”相手に正しさを主張できる物事”
を選んでいくので、
本当の望みからは外れます。

だから丁寧に自分がどうしたいのか、
本当の望みは?本当はどんな環境が嬉しいの?
と自分に聴いていくことが何よりも大事なことになりますね。

では!

宝石赤【週一メールレター】宝石赤

よりよく賢くご機嫌に生きる心の仕組み・気持ちの扱い方・日々のコツをお送りしています。登録してくださいね!

The following two tabs change content below.

ひろなかあきこ

▪️心理カウンセラー ▪️LSYライフスキルトレーナー
カウンセラー歴15年 自治体からの講座依頼多数
無敵の笑顔で生きていこう♪をテーマに
がんばりやさんが毎日をよりよく賢くご機嫌に生きるココロのトリセツ書いてます。

メルマガはこちらからご登録ください

カテゴリー

アーカイブ