人生を狂わす感覚、○○感。

毎日をもっとご機嫌に、大切な人と笑って過ごそう♪
弘中明子です。
今日もご訪問ありがとうございます。

今年6月に入ってから、
三男の学校への行き渋りが始まっていて
なかなかに奮闘中です。

学校に行けないからダメ・・・
どうしよう;
と思っているわけではなく、
どうするのがベストかな?と日々検討しています。

5時間目がしんどい。
と先々週は言っていて、4時間目で帰宅させたりも
していたのですが、先週は全て学校に行けたので
ホッとしたのもつかの間、また

”行きたくない”

さすがに
”え〜〜〜〜〜”
(やっと行けるようになってホッとしたのに、
しかもまた泣いたりごねたり面倒くさい・・・・)
と思ってしまったのですが、
そこは気を取り直し、丁寧に話を聞くことに。

ごねている間は、基本話が聞けないので
しばらく放置をして様子を見ながら、
落ち着いたころに話を聞くと

”がっこうのしゅくだいがぼくはいちばんおそいから
ひとりぼっちになるのがいや。

おにごっことかしてても、いつもまけるし、
からかわれるし、ひどいことされるからいや。

せんせいとかにはなしにいくのもこわい。”

うちの子は三男坊で、体も小さく、
早期教育もあまり力を入れなかったので、
ほとんどひらがなも書かない状態で入学したこともあって、
劣等感を感じてしまって、周りを怖く感じているのだなと
いうことがわかりました。

実はこの劣等感、
人生を狂わせる曲者で、
これが強くなればなるほど、世界が歪んでみえ始めます。

お話を聴かせていただく中でも、
この植えつけられた劣等感を真実だと誤解して
大人になってからも苦しめられている人は多い。

でも学校はどうしても競争社会なので
この劣等感を感じるシーンが増える。

劣等感を感じる子供が増えると、
お互いを下げる言葉を使う人が増える。

実際、意地悪な言葉を使う子供が
小学生に入ってグッと増えることも実感しています。

それが不快でしんどくて、辛い。
三男はそう感じているんだなぁ。

それは至極真っ当な感覚ではあるとは思いますし、
これって本人だけの問題ではなく、
社会構造的な問題でもあるなぁと感じていますが、

個人的にできることとしては、
もう少し丁寧に、宿題とかできることを伸ばすことに
力を入れていくことと、劣等感を感じて
いやだと思ったことを、丁寧に話を聞いてほぐしていくことかなと
思っています。

人は凸凹なものなので、
どこかで優劣ができるのは
当たり前。完璧な人はいない。

その上でもっともっと一人一人が
自分らしい表現ができるようになるといいのになぁ
そのためにできることは何かなぁと
改めて思っているところです。

もしも、自分の中に劣等感があるなぁ〜と
感じているとしたら、それは幻。
事実ではなく過去からの刷り込みです。

セッションではその刷り込みをほぐすお手伝いもしていますよ。
今日も自分に優しく参りましょう♪

では!

お問い合わせ・講座の日程希望などはこちらから。
↓↓↓

The following two tabs change content below.

ひろなかあきこ

▪️心理カウンセラー ▪️LSYライフスキルトレーナー
カウンセラー歴15年 自治体からの講座依頼多数
無敵の笑顔で生きていこう♪をテーマに
がんばりやさんが毎日をよりよく賢くご機嫌に生きるココロのトリセツ書いてます。

メルマガはこちらからご登録ください

カテゴリー

アーカイブ