コミュニケーションで押さえておく3つのこと。

こんにちは。

ハートフルライフカウンセラー
ひろなかあきこです。

今日は、コミュニケーションを取る上で
必要なステップについてお伝えしたいと思います。

コミュニケーションって、どうやってとるのが正解か
全く教えてもらったことのないまま
頑張って周りの人のことを観察しながら
身につけてきたんですよね。

コミュニケーションで必要なステップ

コミュニケーションで必要なステップは

①聴く
②自分の心の声を知る
③伝える

3つ

順番もこれです。
最初のステップは何はともあれ、 ”聴く 。

これができていないと、どれだけ伝えたいことがあっても

上手に話せても、うまく伝わりません。

なぜかというと、

聴く=相手の状態を把握する

ということだから。

相手の状態を把握できるからこそ
伝わる言葉を選ぶことができるし、どこまで伝わっているのか?
を確認することもできるんですよね。

聴くって誰でもできてるんじゃない?

聴くって誰でもできてるんじゃない?

耳が聞こえたら、できているような気がしますよね。

でも、実はこの図のように

相手の話を最後まで聞かず、自分の話をして
相手がまた自分の話の一部を聴き、それに対して話をして
というような、両方かかぶさって会話をしていることが多いんです。

だから、実は
話を最後まで理解できるように聴けていないことも
多い。

”聴く技術の中”で一番大事なことは?というと、

まずは相手の話していることに対して、口を挟まず、頭の中で考えもせず、

最後まで”聴く”ということ。

そして、相手の言葉だけじゃなく、
音の高低・大きさ・感じなども含めて関心を寄せて耳を傾けるということです。

そう聞いたら、できてないかも・・・・?って思ったりしませんか?

 

聴くトレーニングの第一歩。

聴くをやってみる1歩として、

今日は誰かの話を、一度口を挟まず相槌だけで、3〜4分ほど聴いてみてください。

そして、それをやった時の自分の反応、頭の中を観察してみる。

意外に話を聴きながら相手の話にどう答えようか?と
考えている自分に気づくと思います。

プロのカウンセラーの方でも、このワークをやったときに

”あ!私全然やってなかった!”

と言ったくらいのことなので、本当に意識したことのない人は

できてないっていうことに気づくと思います。

それと同時に、口を挟まず聴いた時に
相手から、いつもと違う話題が出てくるのを
実感してみてくださいね。

話を聴いてもらうと、人は相手に対して
安心感を感じて、その人を信頼します。

大事な人の話ほど、ぜひアドバイスではなく
最後まで話を聴くを意識してみてくださいね♪

メルマガではこんなことを書いてます。ぜひご登録を♪
↓↓↓

宝石赤【週一メールレター】宝石赤

よりよく賢くご機嫌に生きる心の仕組み・気持ちの扱い方・日々のコツをお送りしています。登録してくださいね!

The following two tabs change content below.

ひろなかあきこ

▪️心理カウンセラー ▪️LSYライフスキルトレーナー
カウンセラー歴15年 自治体からの講座依頼多数
無敵の笑顔で生きていこう♪をテーマに
がんばりやさんが毎日をよりよく賢くご機嫌に生きるココロのトリセツ書いてます。

メルマガはこちらからご登録ください

カテゴリー

アーカイブ